1993年に渡米
心理学と宗教学を専攻し、ハンターカレッジ名誉卒業
アルバートアインシュタイン医科大学(イェシバ大学)、ファーカウフ心理学大学院、臨床健康心理学博士課程卒業

修士論文テーマ:
気功と心臓移植を待つ心不全の患者のBNP(心不全の指標となるペプチド)、ストレスレベルの変化などとの関係性についてのインターベンショナルな研究

博士論文テーマ:
マインドフルネスとアタッチメントセオリーなどとHIVのリスク行動との関係性についての研究

大学院を卒業後は大学で心理学を教える傍ら、臨床治験などにも携わっていました。

現在は、コネチカット州スタンフォードとニューヨークのホワイトプレーンズにあるクリニックで心理セラピーを行っています。その他、数年、マインドフルネス体験クラスのワークショップや、個人セッションを行っています。

私の行う心理療法は認知行動療法、セルフコンパッション、マインドフルネス、誘導瞑想やリラクゼーションなどを取り入れたアプローチです。

従来の心理療法だけではなく、ユニークな方法として、あくまでも「セラピー」として行うタロットセラピー、誘導瞑想を使ったインナーチャイルドワークも行っています。

様々な形で、自己を知り、苦しみを知り、癒されるお手伝いをしていくのが私のセラピストとしての仕事だと思っています。

マインドフルネス瞑想を体験して頂くグループ瞑想会を毎週土曜、午後3時ー4時で開催しております。詳細は「マインドフルネス→スケジュール」のページででご確認ください。

インナーチャイルドのグループセッションも定期的に行う予定です。